借金整理、多重債務相談は債務整理の専門家、弁護士へ。

自分名義の収入があれば自己破産以外の借金問題解決ができる。

主婦の方の場合は、無職(専業主婦)であるのか、パートタイマーの職があり自分名義の収入があるのか、で債務整理手続の選択が変わってきます。

専業主婦であってまったく自分名義の収入がない場合は自己破産を選択するか、家族への相談が欠かせません。家族の方が本人の代わりとなって支払いをしてくれるというのであれば、家族に連帯保証人になってもらった上で、債務整理手続が可能になるかもしれません。

任意整理等で借金総額をできるだけ減らし、将来利息をカットし返済の負担をできるだけ減らすという手段も必要になります。パートタイマー等で、自分名義の収入がある場合は、任意整理、特定調停等で借金返済が可能かもしれません。債務整理手続の中で、自分に合った債務整理は何か、債務整理の専門家である弁護士へ借金相談、債務整理相談を。

専業主婦の場合、債務整理には家族の協力が必要

債務者が専業主婦の場合は、債務整理・借金整理には家族の協力が欠かせません。

借金理由が浪費ではなく、生活費のための借金であれば、家族の理解も得られるかもしれません。自己破産を選ぶ場合でも、生活費のための借金であれば免責不許可事由にもあたりません。

自分一人では、どうしても家族に話しづらい…という場合は、債務整理の専門家である弁護士へ借金整理相談、債務整理相談をした上で、専門家の仲介・助言等も得ながら家族との話し合いを進めてみてはいかがでしょうか。

今すぐお電話でご相談承ります。

このページのトップへ